ニュージーランドのスタンプー フィーフィー

ヒツジの国ニュージーランドで、子羊の様なホワイトのスタンダードプードルを迎えました。猫のラグドールの白ちゃんはお兄さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
至急獣医さんへ
数日前に派手な喧嘩をした白ちゃん。

右額に怪我をしていました。

昨日の朝、私をじ~~~~っと見つめていたので、

なにかを訴えているような気もしたのですが、

「うふふ、私が大好きなのね!」と訳した母。

夕方から、大変腫れてきました。

いつもにも増して、よく寝ています。

でも、食欲は変わらずあるのが安心です。

朝一番で獣医に予約を入れました。

いつもの所は、一番早くて明日の午後と言われたので、

お値段は倍の近所の獣医さんに連絡しました。

「すぐ連れて来て下さいね。」

そう、こういう受け答えがりそうです。ああ良かった~~。

でも、どこへいったの~~??

探していたら、息子ちゃんがベッドの下に居るのを発見。



1365367390148 (2)

休んでいます。

もうすぐ良くなるよ~~~。



スポンサーサイト
| | Tb(0) | Co(2)
<<白ちゃん診察終わり   |  home  |   ハリネズミにやられる>>
Comment

管理者にだけ表示
しんぱいっ!
お大事に。
白ちゃんは強そうだけど、こういうこともあるのですね。
2013/04/08 Mon| URL | Miho [ edit ]
Mihoさま
ありがとうございます。

そうなんです、いつも3,4月は喧嘩で怪我をするのです。
という事を、今回の獣医さんに話したら、

「では、3,4月は夜は外へ出さないという事で!」と、
にっこり笑って言われました。

ああそうか~~!!と今更のように思う私です。

2013/04/08 Mon| URL | もみじ [ edit ]
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。