ニュージーランドのスタンプー フィーフィー

ヒツジの国ニュージーランドで、子羊の様なホワイトのスタンダードプードルを迎えました。猫のラグドールの白ちゃんはお兄さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
取りに来ました~って!
きょろ~~~、きょろ~~~~。

ぶれてます、ぶれてます。

2012-09-18_09-23-54_904 (640x360)

なに?何で、またここへ?

尻尾も、丸まってます。

落ち着かないフィー子です。


2012-09-18_09-23-52_178 (640x360)

ああ! あのドアの後ろは~~~!!

2012-09-18_09-24-14_546 (640x360)


ドアの後ろは、処置室です。

そう、ここは、獣医さん。

朝一番で、耳の外耳炎の経過診察に来ました。

めちゃ、きょろきょろしております。


犬待合エリア(猫待合エリアから、ホンの3歩)で、待っていると、

赤ちゃんを抱っこしたお母さんが、

「うちのガブリエルを受け取りに来ました。」と、来院。

「ガブリエル?」

「そう、あの、ごにょごによ~~~~~。」

「あ!ああ!」

などと、ナースと二人で分からない会話をしてます。


しばらくすると、もさもさのモップ犬(シーズーサイズ、可愛い)が出てきて、

「預けてたのね。」と、思ったら…。

「それがね~~、すっかり忘れててねえ!」と、お母さん。


私が思いっきり、「?」の顔をしたので、

「子供を送った後、この子を車に乗せ忘れたのよ~~。あはは!」と、

「??」

「家に帰ったら、ガブリエルがいないから、
 ずっと探してたのよ~~~!
 ほら、首輪も付けてないし、心配したわ~~。

 そう、この子だけ置き去りにしちゃったのよ~~~!」

私の眼は、驚きでマックスに見開いてたようで、

「うちは、子だくさんで、動物だくさんなの!」と、

不満そうでした。


うんうんと、とりあえず頷いた私に、満足そう。


「マイクロチップしてて良かったですね。」と、ナース。

「本当よね~~~、あはは~~!」


何ておおらかなお母さん。

私の表情だけで、全てに答えて帰って行きました。

一言も発してなかった私。

可笑しくって、可笑しくって、

終わり善ければすべて善し。


学校に忘れた犬を、親切な人が近くの獣医さんに連れて来て、

首輪はしてなかったけど、マイクロチップでちゃんと飼い主が、
見つかったと言うお話でした。

ちなみに、NZでは、全ての犬にマイクロチップが義務付けられてます。


そして、フィー子。

2012-09-18_09-31-40_921 (640x360)

すばらしいお座りで、診察室の「ご褒美」の辺りを注目してます。

でも、耳の中があまりにも毛むくじゃらで、

適切な処置をするため、この後病院に残る事になりました。

今、連絡待ちです。


スポンサーサイト
| | Tb(0) | Co(0)
<<桜咲いてます。   |  home  |   それで良かった>>
Comment

管理者にだけ表示
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。