ニュージーランドのスタンプー フィーフィー

ヒツジの国ニュージーランドで、子羊の様なホワイトのスタンダードプードルを迎えました。猫のラグドールの白ちゃんはお兄さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
到着翌日
到着した日の夜。
やっと出て来たので、トイレをさせようと庭へ出した。

庭へは、デッキの階段を下りて行きます。

降りない!!!

おいで、とか、こっちとか、英語で色々話しかけるけど、
どうやら階段が駄目のよう。

えいっ!!!と、抱き上げて、
よろよろしながら階段をおろす私。

重い、重すぎる。
だれや、こんな大型犬(スタンダードプードル)を、
飼うって決めたんは~。
次回は、絶対トイ・プードルにするで。

      ↑
誰にも言えない、心のつぶやき。

スタンプーが欲しかったのも、
しかも、既に成長してるのが良かったのも、
この私です。はい。

庭に下ろすと、にっこりと笑って(様な気がした)、
馬のように、ぱっかぱっかと駈けだした。

うれしそう~~~。

とりあえず、扱い方の分からない私たちは、
子供達と皆で、子犬と一緒に笑いながら、
ぱかぱか庭を走った。

芝生でトイレも済ませ、この日は静かにクレートで寝ました。

翌日に、陽のあたるデッキで、
にっこり笑うスタンプーのフィー子の写真です。

2日目のフィー子


うわ、写真のサイズが、
まだまだ大きいぞ~~~~!!!

はあ・・・。

スポンサーサイト
| | Tb(0) | Co(1)
<<南半球の春です   |  home  |   巨大写真、巨大子犬>>
Comment

管理者にだけ表示
はじめまして。
『キラリ館』と申します。
記事を拝見しコメント欄に記入させていただきました。
ご訪問いただければ幸いです。
2012/08/24 Fri| URL | キラリ館 [ edit ]
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。