ニュージーランドのスタンプー フィーフィー

ヒツジの国ニュージーランドで、子羊の様なホワイトのスタンダードプードルを迎えました。猫のラグドールの白ちゃんはお兄さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
犬社会
いつもの公園。

朝の9時過ぎは、芝生もまだ露に濡れて足のポンポンが、
びしょぬれになります。

この公園は、小高い山のふもとにあって、
どうやら、愛犬家の皆さんは散歩を兼ねて山に登っているようです。

オークランドが一望できる美しい眺望の頂上。

犬と上がったら、楽しいのかもしれない…。

い、いつか・・・。


2012-11-21_09-02-37_664 (360x640)

フィーフィー~~~!

呼ぶととりあえず、嬉しそうに戻って来るようになりました。

この日は、3匹の犬に会いました。

皆さん、オフリーッシュ。

2012-11-21_09-10-07_572 (558x640)


この犬は、ボルゾイそっくりなんですが、違うらしい。

以前出会った時に、飼い主の女性に犬種を尋ねましたが、
聞き馴染みのない名前でした。

数周間前、娘とフィーフィーを連れて来た時は、
犬が来ると、真っ直ぐ正面から走り込んでいく状態でした。

ワイヤーヘアーのジャックラッセルテリアに、突撃してたら、

「グルウウ~~~!ギャワンワン!」と、

絶妙のタイミングで、指導が入りました。

それでも、空気の読めない大きいけど子犬のフィーフィーは、

あそぼ~~~~と、しつこくって、その後、数回の厳しい指導が入りました。

オーナーの女性と話しをしていたら、

「メスの子犬は、メスの歳上の犬に指導してもらう事が大切よ。

 オスはねえ、メスに優しいのよ・・・。ほら~~。」と、指差す先には、

フィーフィーの遊んで攻撃に、じっと耐えるオスのロットワイラーが・・・。


この上の写真の白い犬も、他に会った犬達も、
指導は入りませんでしたが、知らない子犬とは遊びたくなかったようで、
じっと、無視をしておりました。

空気が読めなくってすいません!と、ぺこぺこしていた私、

「いいのよ~~、まだまだ子犬よ~~~。」と、皆さん鷹揚としていました。

2012-11-21_09-29-19_726 (360x640)

広場を囲むように、木が生い茂ってますが、
その中へ入ってみました。

2012-11-21_09-30-15_234 (640x360)

急な所でもたもたしてると、「どした?」と戻ってきます。

オーナーの指示を待つから帰って来てるのか、

それとも、どんくさい人間の安全を確認してるのか・・・。






スポンサーサイト
| | Tb(0) | Co(0)
<<アフタヌーンティー   |  home  |   クリップ>>
Comment

管理者にだけ表示
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。