ニュージーランドのスタンプー フィーフィー

ヒツジの国ニュージーランドで、子羊の様なホワイトのスタンダードプードルを迎えました。猫のラグドールの白ちゃんはお兄さん。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告
番犬OK
フィーフィーが我が家にやって来て、10か月ほど。

「わん」と、ほえたのを聞いたのは数えるほどです。

フィーフィーの鳴き声は、低音です。

女の子ぽくありません。

やっぱり体が大きいからか?

ところで、「フィーフィーは、暴漢が来たら吠えるか?」と、

話題になる事があります。

家族、知人の意見は、「きっと私たちの後ろに隠れる。」です。

私もそんな気がしていました。

先日、久しぶりに近所の Mt Edenのふもとの、公園へ散歩に行きました。

2013-02-27_08-28-48_123 (500x281) (300x169)

ドッグランがある場所です。

酷暑のおかげで、すっかり芝生が荒れています。

2013-02-27_08-29-17_398 (500x281) (300x169)

だけど嬉しそうに、走りまわるフィーフィー。

ランの奥は、木立が生い茂って行った事がありません。

2013-02-27_08-37-13_851 (500x281) (300x169)

この右手に匂いをかぎに行ったと思ったら、

突如、ガサガサと音がして、スーツ姿の男性が木立の中からあらわれたのです。

「ワン!」

おおお、フィーフィーが吠えた!!!

2回ほど吠えて、男性から距離をとっています。

実は、私もすごく驚いたのです。

だって、小高い丘の上のドッグラン。

そこの裏手から、突然ガサガサと、きちんとしたスーツ姿の男性が出てくるなんて。

この人だれ!?!怪しすぎる。

「ほら、大丈夫だよ。」と、手の甲をフィーフィーにかがせて、

アピールする男性に、フィーフィーはしばらく遠巻きに見てましたが、

大丈夫だと思ったようで、「じゃあ、遊んで~~~。」と、まとわりついてました。

その後、男性は反対側の木立の中へ消えて行きました・・・。

なんなのだ?

2013-02-27_08-37-40_468 (500x281) (169x300)
 ここから、出てきました。2013-02-27_08-38-05_776 (500x281) (300x169)

                   確認中のフィーフィー警察犬(え?)

2013-02-27_08-38-18_705 (500x281) (169x300)

私たちも、探索に行く事に。2013-02-27_08-38-57_106 (500x281) (169x300)  通勤路ではないですね。


2013-02-27_08-39-33_866 (500x281) (169x300)

    犬が喜びそうではあるけど…。






スポンサーサイト
| | Tb(0) | Co(0)
<<怖いおやつ   |  home  |   味を知る犬>>
Comment

管理者にだけ表示
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。